河内長野市議会議員 道端俊彦

『行政の透明性・信頼性の向上』という点では、

オープンデータ化により積極的に自治 体の情報公開を進めることで、

行政の説明責任を果たし、透明性や信頼性を高めるという ことが期待できます。

また全国的な人口減少・少子高齢化の進展、自治体の財政状況の悪化が懸念される中、

国・自治体等が保有するデータ(公共データ)のオープンデータ化と利活用が、

地域課題の解決や行政の効率化に繋がっています。

 

河内長野市 オープンデータの利活用をしてデータ分析を行いました。

オープンデータによる広報行政の転換や、

市民協働の促進、地域経 済の活性化などを期待して取り組んでおり、

市民協働で達成する地域課題解 決や住民とのコミュニケーションなどに期待して取り組んでいきたいと思います。

 

詳しい考察については、後日ご報告申し上げます。

 

多くのEコマース、ソーシャルメディアについて「講演」「取材」「執筆」「出演」依頼を頂き、
誠にありがとうございます。スケジュールの許す限りご対応させて頂きます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Copyright © 河内長野市議会議員 道端俊彦 All Right Reserved.
Powerd by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.
Google+