◉特定目的基金残高の状況 市町村の財政分析 vol6 大阪府のデータ引用
 *詳しい分析、対策については市政報告会にて。

平成27年度 河内長野市 32.8 億円

特定目的基金とは、市町村における特定の目的や事業のために積み立てられる基金
(家計における貯金のようなもの)です。
たとえば、図書館や庁舎といった公共施設を建設するために、
毎年度計画的に資金を積み立て、必要な年度に取り崩すといったことを行っています。
(一度、特定の目的のための基金を設置すると、
原則、その設置目的のためでなければその基金を取り崩すことはできません。)
市町村によって、政策や今後の事業計画は様々ですので、
特定目的基金の残高の大小が、市町村の財政状況に必ずしも直結しているわけではありませんが、
今後控えている事業に備えて計画的な積立を行うなど、適切な資金計画を立てることは、
市町村が健全な財政運営を行う上で必要不可欠です。
http://www.pref.osaka.lg.jp/attach/2413/00239828/tokumokukikin.pdf

スクリーンショット 2017-03-31 10.04.47